Fandom



オーシャンサイドは本作に登場する生存者コミュニティ。 ヴァージニア州の小さな浜辺の側にあるキャンプ場跡地を現在の拠点としており、登場当初は少なくとも85人が共同生活していた。


概容編集

かつては別の場所を生活拠点にしており、その頃は救世主の支配下にあったが、抵抗を試みて敗北した後サイモンとその部下によって10歳以上の全ての男性メンバーを殺害された。

その後、生き残ったメンバーは逃げ延び、浜辺のキャンプ場跡地に拠点を移した。


救世主に居場所を知られないために侵入者は全員殺すというルールを守っており、自衛のための銃火器を豊富に所有している。

リーダーはナターニャであったが、ナターニャの死後は孫であるシンディがリーダーとなった。


シーズン7編集

オーシャンサイドの住人シンディレイチェルタラが村の傍にある浜辺に流れ着いているのを発見し、レイチェルはルールに従いタラを殺そうとしたがシンディはこれを制して立ち去った。

意識を取り戻したタラはオーシャンサイドを発見し、外から様子を探っていたところを住人に捕らわれたものの、彼らとの対話の中で一緒に救世主と戦おうと呼びかけた。 ナターニャタラという人間の価値を見い出し「村に住んで欲しい」と伝えたがタラアレクサンドリアに戻りたいと言い、ナターニャタラの出発を許可したが、村の存在を外部に口外されることを恐れて見送りの人間にタラの殺害を指示していた。

襲撃を受けたタラシンディの助けを借りて逃げ延び、アレクサンドリアに帰還した。


救世主との戦いに備えて武器と仲間が必要となり、タラは煩悶した後リックにオーシャンサイドの存在とそこに豊富な武器があることを打ち明けた。

リック達とタラはオーシャンサイドへ向かい救世主との共闘を呼びかけたものの、ナターニャはそれを拒否したためリック達はオーシャンサイドの住人達を制圧し、全ての武器を押収して立ち去った。


シーズン8編集

救世主との戦いが激化する中、アーロンイーニッドはオーシャンサイドの助力を得られないかと説得に向かった。

村の付近で2人はオーシャンサイドの住人に襲われ、イーニッドナターニャを射殺してアーロンを助けた。

シンディは祖母の死に悲しみながらも2人を解放したが、アーロンイーニッドに1人でヒルトップに戻るよう伝え、自身は諦めず更なる説得のため森に潜んで機を伺うことにした。


アーロンの説得に応じたオーシャンサイドの住人達はヒルトップに加勢する為現れ、ヒルトップへの攻撃準備をしていた救世主を爆破し、ヒルトップの住人達の脱出の時間を作った。


主なメンバー編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。