Fandom



グレイディ記念病院 (Grady Memorial Hospital) はアトランタに所在する施設。

概要編集

感染拡大直後にアトランタ市警の警官が配備され、その後アトランタへの軍の爆撃により多くの警官がそのままここに留まった。

最初に指揮を執っていたハンソン警部に代わりドーンがリーダーとして君臨するようになると、病院内で生き延びて行くために「患者」を外から調達し、治療の代わりに労働を強いるようになった。

病院の警官がベスを「患者」として連れ去り治療した後、ベスを取り戻そうとやってきたリック達にドーンが殺害された。

残された警官達はリック達に攻撃の意志を示さず、リック達はそのまま立ち去った為、その後の病院の状況については不明である。

主な居住者編集

トリビア編集

  • シーズン2「長い旅路の始まり」のオープニングシーンでは、背景の中にグレイディ記念病院が密かに映り込んでいる。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。