ウォーキング・デッド Wiki
Advertisement
ウォーキング・デッド Wiki


スポイラー警告!
この記事には来たるエピソードについての物語の筋の詳細が含まれています。

ニーガン(Negan Smith)は、本作の登場人物。生存者グループ「救世主」のリーダー。名前はシーズン6の序盤から出ていたが、結局姿を現したのはシーズン6最終話からだった。武器は鉄線が巻いてある木製のバット「ルシール」で、名は彼の妻からきている。


概要

救世主のリーダーであったニーガンは、権力と資源を使って他のコミュニティを服従させると救世主に物資の提供などを強いたが、その代わりにウォーカーからそのコミュニティを守った。アレクサンドリア王国ヒルトップオーシャンサイドというニーガンが服従させていた複数のコミュニティが団結し、その連合軍との戦いが起こるとニーガンは敗北した。戦いの後救世主はダリルに指揮されるようになったが、元救世主のメンバーは他のコミュニティの人々との共存を望んでおり、結果的に救世主というグループは解散した。リーダーであったニーガンはアレクサンドリアの牢に終生収監されることが決定した。

7年半もの間アレクサンドリアの牢の中で過ごしてきたニーガンだったが、ある時ゲイブリエルが牢のドアをきちんと閉めなかったことでついに牢の外へ脱出することができた。街の外へ出て世界がどう変わったかをその目で見たニーガンは、独りで生きていくことよりもアレクサンドリアの牢に自ら戻ることを選んだ。ニーガンはジュディスとの間に強い絆を築き、アレクサンドリアを襲った猛吹雪からジュディスを守った後は、監視付きではあるものの街の中で役割を与えられ労働に従事した。

ある時リディアを守るため、意図せずマーゴを殺害してしまったニーガンは死刑に処される寸前に追い込まれたが、キャロルによって牢から密かに解放されると囁く者の内部に潜入することを命じられ、リーダーのアルファの殺害を狙った。

ニーガンはシーズン6の後半からシーズン8に至るまでは最大の敵であり、シーズン9からは再び敵対者となりうるようなアンチヒーローに近い存在であった。


人物像

ニーガンは人を巧みに操る能力を持つカリスマであり、獰猛でありながら皮肉なユーモアのセンスを持ち合わせた人物である。素晴らしい戦略家でもあり、数百人ものメンバーを生存させ続け崇拝を集める強く有能なリーダーと言える。

ニーガンは人々を救えるのは自分しかいないと自負しており、仲間を生き延びさせるためなら何でもするという意志を持っている。また非情なリーダーでもあり、複数のコミュニティに対して物資の提供を要求し、抵抗や物資の不足があれば殺すと脅しをかけている。

スペンサーを惨殺した時のように、「弱い」と見なしたものに対しては全く敬意を持たない一方で、精神的・肉体的に強い者に対しては大いに敬意を払う傾向があり、ダリルロジータカールに対しては好意を露わにしている他、憎しみを飲み下して自分のために物資を納めているリックを賞賛もしている。

自ら「人殺しを楽しんでいる」と認めてはいるが、女性を殺すのはあまり気が進まないこと・子供は殺さない主義であることが示唆されている。


バックグラウンド

ニーガンは1960年代中盤に産まれ、ヴァージニアで育った。高校生の頃にはいじめっ子に成長しており、その後体育教師になったニーガンはルシールという”天使のような”女性と出会い、恋に落ち結婚した。 2人は子供に恵まれず、時が流れるとニーガンはルシールに対して不誠実になり始め、彼女に嘘をついたり挙句には浮気までするようになった。

その頃ルシールは癌を発症し、ニーガンは自分の行動に非常に強い自責の念を感じるようになった。 ルシールは感染拡大直後に死亡し転化したが、ニーガンは彼女にとどめを刺すことができなかった。


ルシールの死後、自分の弱さを痛感したニーガンは強い人間になることを目指した。野球のバットを手に入れたニーガンはそれを有刺鉄線でカスタマイズすると「ルシール」と名付けた。


ニーガンは救世主というグループを作ると、サイモンが所属していたグループのリーダーに取って代わり、そのグループが拠点としていた工場を奪って聖域と名付けたと思われる。

サイモンはニーガンのグループ乗っ取りを手助けした為、ニーガンはその後サイモンを右腕の地位に据え、副リーダーを任せ重用した。

時が経つにつれニーガンは全体主義の邪悪なリーダーとなり、ならず者たちを統率するため強力な支配と脅迫を通して自分の地位を保った。

数ヶ月の間に救世主は600人ものメンバーを持つ巨大グループへと成長し、ウェイドポーラジローギャビンアラットレジーナドワイトなどの幹部を置くようになり、更に聖域の他にも外部拠点を複数配置した。

一つの外部拠点につき一人の幹部が配され、かなりの人数のメンバーが常駐し、自主的に運営されていた。外部拠点には救世主以外の生存者や生存者グループを探し出し、ニーガンの意志に従わせるという使命が与えられていた。


ある時ニーガン達はヒルトップ・コロニーというコミュニティを見つけた。ヒルトップのリーダーであるグレゴリーに面会するにあたり、ニーガンは救世主のグループを送り込んで毎週収穫物の半分を納めるよう命じた。献上物を納めればコミュニティには手出しをせず、更に付近のウォーカーを一掃するという条件だった。

ヒルトップはこの契約に乗り気でなかったため、救世主は本来の目的である「自分たちの力を見せつける」ということを実行するため、16歳のローリーという少年を見せしめのため殺害した。

その後「王国」というコミュニティの存在に気付いたニーガンは、王国のリーダーであるエゼキエルに対し「王国を無傷のままにしておく代わりに、物資を納めろ」と命じる。王国はこの条件に従い、救世主はエゼキエルの能力を認識した。

その残酷かつ時折暴力的なやり方にもかかわらず、驚くべきことにニーガンは自分のグループである救世主を守ることに成功し、600人以上のメンバーを生き延びさせていた。


感染拡大後

2010年の秋に奇病が世界規模で発生すると、ニーガンは膵臓がんを患う妻ルシールを連れて自宅の地下室に避難した。医師からもらったカレンダーを元に、ニーガンは治療薬を調達し、独学でルシールに投与する方法を身につけた。 感染拡大から7ヵ月後のある日、ニーガンは発電機の電源を入れ忘れてしまい、朝になると冷蔵庫に入れていた治療薬が駄目になってしまっていた。

ルシールは自分の死を受け入れ、最期は家で一緒に過ごしたいとニーガンに頼んだが、ニーガンはそれを断り治療薬を探すために出発した。

6週間後、ニーガンは医師フランクリンとその娘ローラを発見し、彼らから薬を奪おうとしたが返り討ちに遭ってしまう。しかしフランクリンはニーガンに治療薬を与え、ローラは木製のバットを渡して彼を帰した。

3日後、ニーガンは帰路でギャングに捕まり、持っていた治療薬の出所を探るために拷問を受けた。ルシールを殺すと脅されたニーガンは仕方なくフランクリンの居場所を明かし、フランクリン達がギャングに捕まるとニーガンは医療トレーラーを与えられて治療薬と共に解放された。

帰還した自宅でニーガンはウォーカーと化したルシールの姿を目にする。彼女はニーガンを責任から解放するために自殺という方法を選んだのだった。ニーガンは木製バットに有刺鉄線を巻きつけ、ルシールと家にガソリンを撒いて火を放つと、ギャングの拠点に戻って彼らを皆殺しにした。

その後、ニーガンはバットに亡き妻の名を冠してルシールと名付け、その後生存者グループ「救世主」を作り上げた。拠点である「聖域」は、以前ここを支配していた能無しのリーダーからニーガンが引き継いだものだった。

シーズン 6

支配しているヒルトップから物資を受け取ったニーガンはその物資の量に不満を感じ、受け渡しに来ていたティムマーシャを殺害しクレイグ衛星前哨基地で人質に取った。生きて解放された残りのメンバーは「クレイグの解放と引き換えにグレゴリーを殺して首を持って来い」というニーガンの命令を受けてヒルトップに戻った。

ヒルトップに加担したリック達により衛星前哨基地の部下たちを多数殺害されたニーガンは、リック達を支配下に入れるためドワイトジローを送り込んだが、どちらも失敗に終わった。殺された仲間の人数の多さに怒りを覚えたニーガンは自らリック達に手を下すことを選んだ。

惨き鉄槌

アレクサンドリアからヒルトップに向かうリック達を道路封鎖などで妨害した救世主は、最終的にリック達を捕らえて空き地に全員を並ばせた。ニーガンは車から姿を現すと、自分が救世主のリーダーだと明かし自分のグループや「新世界の秩序」について語り、リック達はニーガンに対して物資を提供する必要があり拒めば自分が直接対処する、と宣言した。

しかしリック達があまりにも多くの救世主メンバーを殺害したため、ニーガンは罰として誰か一人を「叩きのめす」必要があると言い、有刺鉄線が巻かれた木製の野球バット「ルシール」でリック達一人一人を指し示しながら「どれにしようかな」と唱え、狙いを定めた一人にルシールを降り下ろした。


シーズン 7

惨き鉄槌

仲間を無惨に殺されたリックは、ニーガンに「いつかお前を殺す」と宣言する。しかしニーガンは臆することなくリックを引きずってキャンピングカーに連れて行った。ニーガンは車内でリックを挑発し、リックは斧で彼を殺そうとするが、ニーガンがライフルを所持していたために実行できずに終わる。

ニーガンはウォーカーに取り囲まれた状態でキャンピングカーの屋根の上に斧を投げ上げ、リックに取りに行くように命じる。外へ押し出されたリックは、ニーガンによってエイブラハムグレンが殺された時の様子を思い出す。

エイブラハムは最期まで反抗的な姿勢を崩さなかったが、ルシールで殴り続けられ死亡した。またニーガンはエイブラハムを失って絶望するロジータを嘲笑い、それに激高したダリルに殴られる。ダリルはすぐに取り押さえられたが、ニーガンは「反抗的な者は例外なく排除するとすでに警告したはずだ」「自分が約束を守る男であることを知ってほしい」と言うと突如振り返ってルシールをグレンの頭に降り下ろした。グレンのマギーへの最後の言葉を聞いたニーガンは心からの哀悼を表現したものの、「例外はない」と言ってグレンの頭部を肉片になるまで殴り続けたのだった。

キャンピングカーの上から動かないリックに対しニーガンは業を煮やして威嚇射撃を行い、リックは斧を持って屋根から飛び降り陸橋にぶら下がっていたウォーカーにしがみついたが、斧を落としウォーカーの群れに飲み込まれてしまう。するとニーガンはリックに群がっているウォーカーを車内からほとんど撃ち殺して彼を助け、車に連れ戻すと「反抗的な態度を取り続ければ、より多くの仲間が死ぬことになる」と挑発した。

キャンピングカーで空き地に戻ったニーガンは斧をリックに渡して仲間の元へ戻らせた。リックをキャンピングカーで連れ出したのはまだ反抗的な目をしている彼を自分に従わせるためだったが、彼はテストに失敗したと説明したニーガンは、カールに前に出るよう命じて彼の腕をベルトで止血帯として締めると、「カールの腕を切り落とさなければアレクサンドリアの人々も含めて全員が死ぬ」と脅しをかけた。パニックに陥り最終的に斧をカールの腕に降り下ろそうとしたリックだったがギリギリのところで止められ、ニーガンはリックに自分のために応え、提供し、服従することを命じた。ついにリックを陥落させたと実感したニーガンは機嫌よく「今日は実りある一日だった」と宣言し、リック達に感謝の意を伝えた。戦力として迎えるため、そしてリック達の反抗を防ぐための人質としてダリルを聖域に連れ帰ることを命じると、次週の物資納入のためにリック達にトラックを残して立ち去った。

囚われて

聖域では通り過ぎるニーガンに救世主たちが跪いている。ニーガンはダリルに対してのドワイトの働きへの報酬として、自分の妻たちの中の一人シェリーとの性交渉を許可しようと提案したが、ドワイトにそれを断られ機嫌を損ねる。雑用にも従事するドワイトに向けて、ニーガンは他の者に任せるよう言うが、ドワイトに「楽しんでやっていることだ」と言い切られると笑って彼をゴードンの捜索に行かせた。

ダリルが脱走を試みるとニーガンは部下を連れて彼を追い詰め、部下たちに「お前は誰だ?」と尋ねる。全員が「ニーガン」と答えるとニーガンはダリルに「聖域のフェンスに縛られたウォーカーになる」「ポイントを稼ぐ」「ニーガンと共に働き特権を得る」という3つの選択肢を提示した。しかしダリルが返事をしなかったことでニーガンは苛立ち、ダリルに向けてルシールを振り回したが、彼がひるまないことを興味深く思いそのまま彼を独房に戻らせた。

ドワイトによってニーガンの住まいに連れて行かれたダリルは、ニーガンからドワイトの過去の話を聞かされる。ドワイトはかつては聖域でポイントのために働いていたが、妻シェリーの妹ティナの薬のためにポイントが足りなくなり、薬を盗んで逃げたもののティナが死亡して聖域に戻ったのだという。その際ドワイトを救うためにシェリーが以前から提案されていたニーガンの妻となることを申し出、ドワイトの顔をアイロンで焼いた後にニーガンがそれを承諾したという話だった。

ダリルに対し、ニーガンは幹部になればこの住居に住めると言ってダリルに「お前は誰だ?」と聞いた。しかしダリルは「ニーガン」とは言わず自分の名前を答え、ニーガンはダリルを独房へ戻すよう命令した。


独裁者の洗礼

予定の期日よりも早く大軍を率いてアレクサンドリアに現れたニーガンは、リックにルシールを押し付けると「どの物資を持っていくかは自分が決める」と言い放つ。マギーの居場所を尋ねたニーガンはゲイブリエルの機転によってマギーが死んだと勘違いをするが、「自分の妻に迎えるつもりだったのに残念だ」と言ってリックに強い怒りの感情を抱かせる。

医務室でデイビッドに銃を向けているカールを見たニーガンはその大胆さに皮肉を言い、銃を下ろさなければもっと犠牲が出ると脅されたカールはようやく銃を下ろした。しかしニーガンは念のためアレクサンドリアから銃を全て没収すると宣言する。

ニーガンは自分のために物資調達をするなら体力が必要だからと食料は回収しないことをリックに告げるが、その時アラットから武器庫の銃が2丁足りないと報告が入る。ニーガンは銃が見つからなければ武器庫の管理者であるオリビアを殺すといい、リック達は必死に捜索を始める。

見つかった銃を受け取ったニーガンは救世主を集めて出発の準備をしたが、リックが自分たちに感謝を伝えるまでアレクサンドリアを離れようとはしなかった。リックが譲歩してありがとうと言うとニーガンはアレクサンドリアの物資の半分とダリルを連れて立ち去った。


規律と罰則

カールが聖域に単身乗り込んで救世主の一人を殺すと、ニーガンはカールをからかい更に一人を殺された。ニーガンはカールを聖域内に連れて行き、高所から下にいる救世主たちに演説を行うところをカールに見せて自分の権力を見せつけた。その後自分の妻たちのいる部屋へ連れて行ったが、妻の一人アンバーマークという労働者と浮気していることをシェリーから確認し、ニーガンはアンバーの浮気を諭して寛大なところを見せる。

自分の住居にカールを連れて行ったニーガンは目の包帯を外すよう彼に命じ、彼の眼窩の傷を見て「気持ち悪い」などと嘲笑った。カールが泣き出してしまうと、ニーガンはカールがまだ子供だということを忘れていたと言って真摯に謝罪し、その後包帯を外しておけば誰からもなめられなくなるとアドバイスした。

ニーガンはカールに歌を歌うよう命じ、カールは仕方なく歌い始めるが、ニーガンは母親がよく歌ってくれた曲なのか、母親はもう死んだのかと聞き、カールが「母親がウォーカーにならないよう撃った」と答えると「将来シリアルキラーになったとしても不思議はない」と発言した。

その後、焼却炉の周りに救世主が集まる中、ニーガンは自分の妻と浮気したマークに対し規則の重要性を説くと、罰として熱したアイロンを彼の顔に押し当てた。

ニーガンはカールを連れてアレクサンドリアへ車で移動し、リックの家を訪ねた。中にいたオリビアからリックの不在を伝えられ、リック達のせいで自分たちは飢えているという話を聞いたニーガンは、オリビアの太った外見を嘲笑って彼女を泣かせる。それに対し埋め合わせのために性交渉を申し出たニーガンはオリビアから平手打ちを喰らい、怒るどころか笑いながら彼女の魅力が上がったと言うと、レモネードを作るよう彼女に命じた。

リックの家を見て回ったニーガンはその暮らしぶりの良さに感心し、ジュディスを見つけると彼女をあやしながら「リックとカールを殺して郊外に住むのも悪くない」と言った。


生きる意義

リックの帰りを待つ間、ニーガンはリックの家のバスルームで髭を剃り、キッチンでスパゲッティを作った。その後ポーチにいるニーガンの元にスペンサーが現れ、2人は酒を酌み交わしたが、ニーガンがビリヤードをやりたがった為2人はビリヤード台を路上に置いて住民たちが集まる中プレイを始めた。スペンサーはビリヤードの最中にリックが暴走しておりリーダーに相応しくないことを訴え、自分をアレクサンドリアの新しいリーダーに任命するよう売り込むが、ニーガンは「リックが憎しみを堪えて自分のために物資を集めているのは犠牲者を増やさないためだ」「あいつは根性がある」と語り、スペンサーに自らの手でリックを殺さずニーガンに殺させようとしているのではないかと問いかけると、スペンサーが答える前に「お前には根性がない」と言って突如スペンサーの腹にナイフを突き刺した。スペンサーの内臓が傷口から溢れ出すと、ニーガンは「こいつの中にもガッツ(内臓)があった」と冗談を言い、誰か代わりにビリヤードの決着をつけてくれる相手はいないかと周囲に呼びかけた。

その直後ロジータユージーンの作った弾を装填した銃を取り出しニーガンを撃ったが、その弾はニーガンではなくルシールに当たってしまう。ニーガンはルシールが傷ついたことと自分の命が狙われたことに激怒し、弾を作ったのが誰かを問いただした。ロジータは自分で作ったと嘘をつき、アラットにナイフを顔に当てられても自分が作ったと主張し続けたため、それを信用できないニーガンはアラットに誰か別のやつを殺せと命じ、アラットはオリビアを射殺した。

そこにリックが現れ、約束を破ってアレクサンドリアの人間を殺したことを責めると、ニーガンはカールが聖域に潜入して部下を2人も殺したこと、スペンサーが自分にリックを殺させてリーダーに成り代わろうとしていたこと、そしてロジータが自分を殺そうとしたせいでアラットがオリビアを殺したことを話し、弾を作ったのが誰かわかればすぐに帰ると言った。タラが自分が弾を作ったと名乗り出ると、ユージーンが泣きながら作ったのは自分だと名乗り出、ニーガンはユージーンを連れて立ち去った。


自我を失い

ニーガンは聖域に連れ帰ったユージーンの案内をローラに任せ、ファット・ジョーイを殺して逃亡したダリルの責任を負わせるため、部下たちにドワイトを暴行させた。独房に入れられたドワイトに対しニーガンは「シェリーがダリルを逃がしたのではないか」と問いかけ、彼がそれを否定するとドワイト自身がダリルを逃がしたのではないかと疑惑を抱き、ドワイトにダリルを探しに行くよう命じた。

ニーガンはサイモンにもアレクサンドリアへ部下たちを連れてダリルの捜索に行くよう命じた。ユージーンが連れて来られるとニーガンは彼に名前を尋ね、「ユージーン」と彼が答えると部下たちに名前を聞き一斉に「ニーガン」と名乗らせた。ユージーンは恐怖のあまり、以前の「自分は博士号を持っていてヒトゲノム・プロジェクトに参加していた」という嘘をつく。ニーガンはユージーンに聖域のフェンスに繋いであるウォーカーがすぐに崩れてしまうという相談をし、液化した金属でウォーカーを覆えば崩れなくなるという答えを聞くと感心して、褒美としてユージーンの部屋に自分の妻たちを行かせるから楽しめと言った。

その後、ニーガンは人々を集めてエメットをルシールで殴りつけ、エメットがシェリーの気を引くためにダリルを逃がしたと言い、彼の机から見つかったシェリーのメモを突きつけた。実際にはそのメモはシェリーの手紙からドワイトが切り取ってエメットに机に仕込んだものだったが、エメットがドワイトの仕業だと訴えるとニーガンは熱したアイロンでエメットを脅し、彼は虚偽の自白をしてしまう。ニーガンはエメットを掴んで頭から焼却炉に突っ込み、生きたまま焼き殺す。エメットの代わりとしてユージーンに目をつけていたニーガンは彼の部屋を訪れ、もう恐れる必要はないと言うとユージーンに「お前は誰だ」と聞こうとしたが、その質問が終わる前にユージーンは「私はニーガンだ」と言い切った。

余地なき選択

聖域に侵入したサシャが捕らえられ独房に入れられた後、ニーガンはデイビッドがその独房に入り込みサシャをレイプしようとしていたところに現れ、レイプはルールに反する行為であること・彼が一線を超えてしまったことを話しながらナイフを取り出し、謝罪する彼の首を一突きにして殺害した。 ニーガンはサシャに「自分を殺すためにリックに送り込まれたのか」と尋ね、彼女がそれを否定すると彼女の気概を気に入り、救世主のメンバーになるよう誘いをかけた。彼はサシャの拘束を解いてナイフを渡すと、転化したデイビッドにこのナイフを使わず喰われるか、ナイフを使って生き残り救世主の一員になるかの二択を与えて独房を出て行った。

サシャはナイフでデイビッドを倒し、独房のドアを開けたニーガンに対して敗北を認めると救世主に参加することを承諾した。ニーガンはリックが自分に対して陰謀を企てていることを知っており、それを阻止するためにはサシャの協力が必要だと告げる。


遺志を継ぐ者たち

ニーガンはサシャの独房に食事を差し入れ、アレクサンドリアへの攻撃にサシャをどう使うかを伝える。そして決行の日にサシャが死ぬ必要はないが、リック側の誰かは死ぬだろうと警告した。サシャはニーガンに「人を殺す必要はない」と交渉し、ニーガンは3人処刑しようと思っていたがサシャに免じて1人にしようと言った。

ニーガンはアレクサンドリアに向かっていたが、ドワイトが水面下で仕掛けた陽動作戦によって倒木に道を塞がれていた。ニーガンはこれはアレクサンドリアの仕業ではないかと疑い、サイモンに「プランB」があることを念押しした。その直後ユージーンがまず自分にリック達を説得させてほしいと言うと、ニーガンはそれを了承した。

ニーガン達がアレクサンドリアに到着すると、ユージーンが進み出てリック達に降伏を勧めようとした。リックはユージーンの裏切りにショックを受けたが、ロジータに爆薬の起爆を指示した。しかし起爆装置は作動せず、ジェイディス率いる清掃人たちがアレクサンドリアを裏切り、リックはジェイディスに銃を向けられた。 トラックから現れたニーガンはリックを挑発し、トラックの荷台に載せていた棺桶を見せるとその中にサシャがいることを伝えた。ニーガンはリックが自分に抵抗して攻撃を計画しているのを知っていたと言い、その情報がジェイディスからもたらされたことを明かす。リックに対し「全ての銃とダリルを渡せばサシャを生かしてやる」とニーガンは言い、その場合でもリックが選んだアレクサンドリアの人間を1人処刑すると宣言した。 リックはサシャの姿を見たいと主張し、ニーガンが棺桶の扉を開けると、中から棺の中で移動中に服毒自殺をしてウォーカーになったサシャが現れニーガンに襲い掛かった。この混乱に乗じてリック達は攻撃を開始したが、サシャに襲われていたニーガンはロイに助けられ、サイモンにプランBの実行を命じる。

ジェイディスはリックをニーガンの前に連れて行き「12人もらう」と要求したが、ニーガンはそれを即座に「10人だ」と交渉した。そしてニーガンはリックにカールを殺してお前の腕を切り落とすと宣言したが、リックは恐怖を飲み込みニーガンに「お前を殺す」と繰り返した。ニーガンがカールにルシールを降り下ろそうとしたまさにその時、突然シヴァがニーガンの背後の人間に襲い掛かり、王国ヒルトップの援軍が現れた。 ニーガンとサイモンは部下がシヴァに襲われている間にその場を離れ、死んだはずのマギーがヒルトップを率いて現れたことに驚き、トラックに乗り中指を立てながらアレクサンドリアから撤退した。

聖域に戻ったサイモンとドワイトはプランBの準備が進んでいることをニーガンに報告した。ニーガンはユージーンになぜサシャが死んでいたのかを尋ねるが、ユージーンは棺の中で酸素が欠乏したのではないかと答える。その後、ニーガンは集まった救世主達の前で「我々は戦争を始める」と宣言した。


シーズン 8

Editicon.png このセクションは書きかけです。是非編集ボタンをクリックして知っていることを追加しましょう!

シーズン 9

Editicon.png このセクションは書きかけです。是非編集ボタンをクリックして知っていることを追加しましょう!

シーズン 10

Editicon.png このセクションは書きかけです。是非編集ボタンをクリックして知っていることを追加しましょう!

シーズン 11

Editicon.png このセクションは書きかけです。是非編集ボタンをクリックして知っていることを追加しましょう!
登場人物
グライムズ一家 リックローリカールジュディスR.J.
キング郡 シェーンランバートレオンポーラ
ジョーンズ一家 モーガンジェニーデュエイン
アトランタの生存者キャンプ グレンアンドレアT-ドッグモラレスジャッキーメルルデールダリルキャロルソフィアエドエイミージムミランダルイスイライザ
アトランタの老人ホーム ギレルモフェリペミゲルジョージジルベルト
ジェンナー夫妻 エドウィンキャンディス
グリーン農場 ハーシェルマギーベスオーティスパトリシアジミーアネットジョセフィンショーンアーノルド
ザ・リビング デイヴランダルネイトショーントニー
ミショーンのグループ ミショーンアンドレマイクテリー
刑務所の囚人達 アンドリューアクセルオスカートーマスビッグ・タイニー
ウッドベリー 総督ペニーマルチネスシュンパートミルトンカレンヘイリースティーブンスローワンリチャードガルジュリオジャネットマクラウドジェイコブソンオーウェンエリングレッグフォスター夫人アイリーンノアポールジョディウォーレンクローリーティムリチャーズリチャーズ夫人マイケルベティエミリー
州兵 ウェルズ中尉ウィルソンブレイディショーンフランクリンキャラウェイコックス
タイリースのグループ タイリースサシャアレンベンドナ
刑務所の新メンバー ザックパトリックケイレブライアンリジーミカフリオボブルークモリーヘンリーノリスデイビッドチャーリークロエ
チャンブラー一家 タラリリーメーガンデイビッド
マルチネスのグループ ピートミッチアリシアハワード
フォード一家 エイブラハムエレンA.J.ベッカ
刑務所脱出後の生存者 ロジータユージーンゲイブリエル
クレイマーズ ジョーダンビリーハーレートニーレンルー
終着駅 メアリーギャレスアレックスマーティングレッグテレサアルバートマイク
グレイディ記念病院 ドーンスティーブンノアラムソンシェパードゴーマンジョーンリカーリフランコマギンリーベロタナカアルバラードオドネルジェフリーズギャビンパーシーハンソン
アレクサンドリア共同体 ディアナエイデンスペンサーレジアーロンエリックピートジェシーロンサムイーニッドトビンニコラスヒースデニーススコットマイキーオリビアフランシーンブルースカーターボブナタリーバーバラエリンケントシェリートミーステイシーアンナデイビッドベッツィーマイケルウィルアニースタージェスバーンズホリーリチャーズカイルノラソコーロアレックスジェンウェインロビンソン夫人シェリルラスルーシージェフリーサマンサボビーシャーリーンディネシュダンエイドリアンパークマヤオハラヴィンセント
ウルブス オーウェンエイフィッド
救世主 ニーガンドワイトシェリーティナウェイドキャムサイモンゲイブローマンマイルズジローニールプリモポーラモリーシェルドニージャレッドギャビンローラカンアルデングレイシーアンバーターニャマークジーナポッターホセブルックメルジョンフランキーD.J.リッチーレジーナジェッドノリスアラットジャスティンデュークランスゲイリーレイリーアイヴァンケイティキーノデレクディーンゴメスポーリーデュークジアレオヤゴジョーイガンサールディトッドディーノハックネルソンマーラゴードンロイデイビッドエメットイザベルジョセフクリスジョージティミーアリスマーカスジョナブランドン
ヒルトップ ジーザスバーティハーランフレディカルエドゥアルドグレゴリークリスタルアンディウェズリークレイグイーサンオスカーマルコアールハーシェルゲイジアディロドニータミーキャスパーマーティンマイルスヒルデケンステファニーニールブリアナペニーフェリックスロイトロイ
王国 エゼキエルリチャードジェリーベンジャミンダニエルダイアンケビンヘンリーアルヴァロナビラウィリアムジェニーダナカートコルトンエズラアリーヤマリアムヨシュア
オーシャンサイド ナターニャシンディビアトリスキャシーレイチェルジュールズ
清掃人 ジェイディスタミエルブリオンファロンウィンスロー
ジョージーのグループ ヒルダミッジジョージー
マグナのグループ マグナルークコニーケリーユミコバーニー
囁く者 リディアアルファアダムベータザイオンラスムスショーンヘレンガンマダンテフランシスルーファスキース
ボルチモア サイラスアマンダラマーフランクローズマティアス
ハイウェイマン アレクオジーアルフレッドマーゴ
ジョスリンのグループ ウィニーP.J.ジーナライナスミッチェルジョスリン
ブルーズワース島 バージルルーシーセレステジェレマイアリサ
The Wardens イライジャコールマヤエインズリーガスビリージェンフロストテレサアガサダンカン
収穫者 モンタニオリアフィッシャーワシントンブーンオースティンカーヴァーマンシーポープデーヴァーアンチェタパウエルポールボッシーターナーニコルズマシュー
メイズ一家 メイズメイズの兄メイズの兄嫁
コモンウェルス ステファニーリヴィッツガルシアクラークエヴァンスマーサーソレンソンゼルバスケスステファニー
その他の生存者 サムアナクララブレーク夫人クリストファーイーストマンセディクウィルヘルムレスリーマイロアメリアエイデンベイリープリンセスルシールフランクリントムジェシー
動物 ネリーフレイムバイオレットハンターデュークボタンタバサシヴァドッグ
ウォーカー サマーハンナウェインダグルイーズエリンニックエディトニービルジョーカーラデリー
Advertisement