Fandom


Walkingdead kakikake この記事にはあなたの助けが必要だ!
今すぐかけつけて欲しい!!

……そうか、来てくれたのか。
ならばますは、この 編集 ボタンをクリックみてくれ。
もし、どう書き込めばいいのか分からないならば、
見本のページヘルプを見るのも効果的だ。


モーガン・ジョーンズは本作に登場する主要キャラクター。ジェニーの夫でありデュエインの父親。

避難の途中でジェニーがウォーカーに咬まれて感染した為、リックの住んでいたジョージア州キング郡に一時避難していた。

デュエインがジェニーに咬まれて死んでからは自己否定に陥り、侵入してくるウォーカーを殺すことを使命と信じて正気を失ったまま暮らしていた。

シーズン5「食うか食われるか」の最後では、正気に戻ったモーガンは終着駅を探す旅に出たが、リックが書き直した看板を見て違う方向へ向かったことが明らかになっている。

ワシントンD.C.への道を示した地図を偶然見つけ、そこにリックの名前があることに気づいてからは北へ向かったが、道中でダリルアーロンに出会い、二人に同行しアレクサンドリアに到着してリックと久しぶりの再会を果たした。

救世主との戦いが終わると仲間から離れ自分自身を見つけにヴァージニアを去る。その後のモーガンの旅は姉妹作である「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」で描かれている。


性格編集

モーガンは知的で親切な恐れ知らずの男であるが、同時に心に傷を追った人物でもある。

ゾンビによる災禍が始まった頃まではモーガンは妻と息子を養う家族思いの男であったが、災禍が広がり妻がウォーカーに転化すると、息子(デュエイン)を守る為になんとかうまく状況に対処していた。

リックが家族を探すためアトランタに向かった後は、モーガンは徐々に無謀になり、そのことが最終的にデュエインを失う原因となってしまった。

リックがモーガンと再会した時には彼はすっかり変わってしまい、家族を亡くして正気を失い悲嘆に暮れていた。キング郡の全てのウォーカーを殺すことが自分の贖罪であると信じ、ウォーカーだけでなく敵対心を持たない人間に対しても「邪魔する者は全て殺す」というスタンスの冷血な殺人者に変わったような面も見せた。

その後イーストマンという穏和な生存者に出会って正気を取り戻し、もう二度と人間を殺さないという信念を持つに至った。この信念はモーガンの中でジレンマになっていると見受けられることもある。また、モーガンの格闘術はこのイーストマンから教わったものである。

正気を取り戻してからは友であるリックを探す旅に出ることを決意し、長い旅の後にリックが書き直した看板やリックの名前の書かれた地図を見つける。

この頃にはモーガンは「全ての人間の命は尊い」という観念を持ち、たとえ生きるためであっても人を殺すことは認めない人物になっており、自分を殺そうとしたウルブスの二人さえ殺さなかった。そんなモーガンにとって、アレクサンドリアに連れてこられた直後に目にした、リックがピートを処刑する場面は非常に衝撃的だったようだ。

アレクサンドリアにおいてはその戦闘能力から重要な役割にあり、アレクサンドリアの人々をあらゆる脅威から守ろうという意志があるものの、不殺の信念を頑固に貫いている為、急襲してきたウルブス及びリーダーのオーウェンを生かしておく等、仲間の命を危険に晒すような行動も取っている。

またキャロルがオーウェンを殺そうとした際には、自分の信念からキャロルを攻撃して失神させるにも至っている。

キャロルとは衝突もあったものの、キャロルがアレクサンドリアを去った時には一人でキャロルを探しに出ていき、ローマンを倒して彼女を救った。

バックグラウンド 編集

感染拡大前のモーガンについては詳細が明らかになっておらず、息子と共にジョージア州内または近隣のどこかで平和に暮らしていたということしかわかっていない。

シーズン1編集

モーガンとデュエインがリックと最初に出会ったのはジョージア州キング郡のリックの自宅付近の屋外で、デュエインにウォーカーと勘違いされたリックは後頭部をショベルで殴られ、気を失う。

デュエインからリックが喋ったと聞き、モーガンはリックがウォーカーでないと判断して彼らの仮住まいへリックを運び込んだ。

リックが目覚めるとモーガンはリックの傷の原因を問い詰め、咬まれたのではないとわかると二人の間には友情が生まれる。モーガンはリックの昏睡中に起きた出来事を早足に知っている限り伝え、政府が大都市に人を集めていることを教えられたリックはアトランタローリカールを探しに行くことを思いつく。

リックはアトランタ行きの準備としてモーガン達と共にキング郡の警察署へ向かい、そこで物資を集め、感謝を込めてモーガンに銃と物資を手渡した。モーガンはリックのアトランタ行きには同行しないが、何日かしたらこの街を離れると言う。

別れ際、リックは「毎日夜明けに電源を入れる」と言ってモーガンに無線機を渡した。

リックと別れ自宅に戻ったモーガンは、デュエインに二階で漫画を読んでいるように伝え、ジェニーが持ってきたアルバムからジェニーの写真を1枚選び、窓に貼り付けた。その窓からライフルを構え、何体かのウォーカーを撃ってジェニーの注意を引き付けた後、彼女に照準を合わせたものの、ジェニーを撃つことはできなかった。

シーズン3編集

シーズン3「守るべき思い出」までモーガンは登場しないが、モーガンとデュエインは丸々1年キング郡で暮らしていた。

ある日、物資調達に出かけた店でデュエインが母であるジェニーに咬まれてしまい、モーガンはついにジェニーを撃たざるを得なくなった。

デュエインの死後、モーガンは正気を失い始め、街から全てのウォーカーを駆逐することが自分の使命だと信じるようになり、罠を仕掛け、彼の罠によって死亡し転化した人々の名前を壁に書き出し始めた。

リックがカール・ミショーンと共に物資調達にキング郡へ出向いた際、モーガンは屋根から3人を銃で狙い銃撃戦になるが、最終的にモーガンの胸を撃つことに成功する。モーガンは防弾チョッキを装備していた為気を失っており、リックたちはモーガンの設置した罠を避けながら建物に運び込んだ。そこには奇妙な壁の落書きがあり、その中にデュエインが転化したと書かれているのを見つけ、リックはモーガンの目が覚めるのを待つことにする。

カールとミショーンが物資調達で出かけた間にモーガンは目覚め、正気を失ってリックを思い出せなくなっているモーガンは隠してあったナイフでリックの胸を刺した。リックがナイフを払いのけモーガンの頭に銃口を向けると、「殺してくれ」とリックに頼む。

リックはお互いが知り合いであることを思い出させようと話しかけ、モーガンはリックを思い出すものの、毎朝無線の電源を入れていたのに返事がなかったことを責め、デュエインに起きたことを話す。リックはモーガンに一緒に刑務所に来ないかと誘うが、モーガンは「どうせ銃かウォーカーに殺される」「もう人が死ぬのを見たくない」と言い、誘いを拒絶する。

別れ際、カールは撃ったことをモーガンに謝罪し、モーガンは「次はためらうな」と応えた。

シーズン5編集

食うか食われるか」では、モーガンが終着駅に向かって線路の上を歩いているところが描かれている。彼はリックが書き直した「No Sanctuary」の看板を見てマスクを外し、終着駅のメンバーが木に彫った×印を追って行った。

人質交換」でのモーガンは、×印を辿って終着駅のメンバーがボブの足を食べた小学校にたどり着いている。その後更に×印を辿ってゲイブリエル神父の教会に到着し、地図が床に落ちているのを見つける。その地図にはワシントンD.C.への道筋とエイブラハムからリックに宛てたメッセージが書かれており、モーガンは友であるリックがまだ生き延びていることを悟る。

古き友よ」ではモーガンは車内で眠った後、外に出て飲み物を温めているところを近づいてきた男に銃口を向けられる。男はウルブスの一員で、モーガンから全て奪った後殺すつもりだった。もう一人のウルブスのメンバーが後ろからモーガンを刺そうとしたところ、モーガンはそれを躱し杖で二人を倒し、意識のないまま自分が眠っていた車の後部座席に運び入れ、クラクションを鳴らしてウォーカーが近くにいないことを確認してからその場を離れた。

その後、アレクサンドリアのスカウトであるダリルアーロンがウルブスの罠にはまり、ウォーカー達に囲まれて車の中で身動きが取れなくなっていたのをモーガンが救出する。 アーロンはモーガンにアレクサンドリアに一緒に来るよう誘うが、モーガンはリックを探しにワシントンD.C.へ向かうと言いそれを断る。しかしダリルはモーガンに見せられた地図にリックの名前があることに気付き、モーガンもリックがアレクサンドリアにいることを悟って二人に同行する。

ちょうどアレクサンドリアに着いた時、リックはピートを処刑しているところだった。モーガンはリックの名を呼び、見つめあう。

シーズン6編集

リックと再会したモーガンはピートの遺体を埋葬しに壁の外に行くリックに付き添い、驚くべき数のウォーカーがひしめき合う採石場を発見した。 リックアレクサンドリアから採石場のウォーカーを遠ざける作戦を練り、モーガンもその作戦の遂行に参加したが、ウルブスの襲撃に気づくと住人達を助けるため戦いに加わった。

ウルブスですら殺さず壁の外に追い払っていたモーガンだが、家の中で見つけたオーウェンだけは殺さずに捕らえ、アレクサンドリアの民家の地下にある仮の牢に彼を拘留した。


モーガンは過去にリックカールミショーンと再会した後キング郡を離れ、森の中で出会ったイーストマンという男に合気道を教わり、その不殺の精神と命への敬意に感銘を受けた。 イーストマンウォーカーからモーガンをかばって死亡したが、彼の「人のために生きろ」という死の間際の教えはモーガンに強い影響を与えており、モーガンはオーウェンにもその考えを伝えた。 しかし死期を悟ったオーウェンデニースを人質に取り、壊れた壁からアレクサンドリア内に流入してきたウォーカーの大群の中を逃げ出そうと出て行く。

その後リックミショーンが街中のウォーカーを掃討し始めるとモーガンもそれに加わったが、ウォーカーと化したオーウェンを発見し、謝罪しながらもとどめを刺した。


リックヒルトップとの契約や新たな脅威である救世主への先制攻撃について教会で住人達に説明をし始めると、モーガンは「殺すのではなくまずは話し合いをするべきだ」と主張したが、賛同者は誰もいなかった。

モーガンはオーウェンを捕らえていた仮の牢を立派な牢に仕上げ、リックに理由を聞かれると「次の機会があれば、この牢が選択肢を増やしてくれる」と、殺す以外の選択肢を選ぶ必要性を匂わせて答えた。


リックからキャロルアレクサンドリアから出て行ったと聞いたモーガンはキャロルを探しに行くと言い、リックも同行した。

モーガンはリックが一度キャロルを殺さず追放し、そのキャロルが終着駅でリック達を救ったこと、またオーウェンを殺さなかったことでデニースが助けられたことを語り、人を殺す必要がないことを諭した。


モーガンは単独でキャロルの捜索を続け、ついに負傷したキャロルを発見すると「アレクサンドリアに戻って治療を受けよう」と説得を試みた。 しかしキャロルアレクサンドリアの仲間達は皆大切な存在だが、仲間を守ろうとすれば人殺しを続けなければならなくなると心中を告白し、モーガンの隙をついて逃げ出してしまう。

次にモーガンがキャロルを見つけた時、救世主のメンバーがキャロルをまさに殺そうとしており、モーガンは説得に応じなかったその男を何発も撃ち、自らのポリシーに反し殺害してしまった。

そんな2人の前に馬に乗り防護服を身に着けた2人の男が現れ、手助けを申し出る。

シーズン7編集

王国のメンバーに助けられたモーガンはキャロルに付き添い王国へ移動したが、平和に見えた王国にも水面下で救世主の搾取が行われていることを知る。戦闘の能力を認められたモーガンは王国のリーダーであるエゼキエルベンジャミンという若者に合気道の指導をするよう頼まれた他、救世主との秘密の取引の場にも同行するようになる。

モーガンは王国の外の空き家で独り生活するようになったキャロルのことも気にかけていたが、彼女は心を閉ざしていた。モーガンとキャロルリチャードの「王国はいつか救世主に支配される」という危惧を聞かされ、エゼキエルの説得を依頼されるが協力を拒む。

リック王国へ共闘を持ち掛けにやってくると、モーガンはエイブラハムグレンスペンサーオリビアなどのアレクサンドリアの住人が救世主によって殺害されたことを知ったが、それでも「暴力的手段ではなく、違う方法で解決すべきだ」という意見をエゼキエルに伝えた。

キャロル王国を訪れ、モーガンはアレクサンドリアはの皆は無事なのかと聞かれるが「ダリルに聞くといい」とはぐらかし、エイブラハムグレンの死については伝えないまま「一緒にアレクサンドリアに帰ろう」と彼女に呼び掛けた。

ある日の救世主との物資受け渡しの場で諍いが起き、モーガンが合気道を教えていたベンジャミンが救世主のメンバー・ジャレッドに足を撃たれ、失血死してしまう。このことでモーガンは精神状態が再び不安定になり始め、亡き息子ベンジャミンの幻覚を見る。

その次の物資受け渡しでは救世主に納めるはずのメロンが一つ足りないという事態が起き、モーガンはリチャードの動きを思い出して彼が故意にメロンを隠したのだと悟る。リチャードから「ジャレッドに自分を殺させ、自分の死をきっかけに王国救世主に立ち向かうという筋書きだったが、ジャレッドが自分でなくベンジャミンを撃った」という事実を聞かされたモーガンは、残りのメロンを納める場で「妨害工作をして取引に遅刻させた上、メロンを隠してベンジャミンを死に追いやったのはリチャードだ」「リチャード救世主と戦争をしたがっていた」と暴露してリチャードを殴り殺し、王国救世主に歯向かう気はないという態度を強く示した。リチャードを埋葬した後、彼はキャロルの家に向かい、グレンエイブラハム達が殺されたことを打ち明けてしまう。

エゼキエル救世主との共闘に加わる決断をすると、モーガンも王国の戦士たちと共にアレクサンドリアへ向かった。彼らが到着したのはちょうどニーガンカールを処刑しようとしていた瞬間であり、同じタイミングで到着したマギー率いるヒルトップのメンバー達と共にモーガン達も救世主清掃人の連合と戦った。


登場人物
グライムズ一家 リックローリカールジュディスR.J.
キング郡保安局 シェーンランバートレオン
ジョーンズ一家 モーガンジェニーデュエイン
アトランタの生存者 グレンアンドレアT-ドッグモラレスジャッキーメルルデールダリルキャロルソフィアエドエイミージムミランダルイスイライザ
アトランタの老人ホーム ギレルモフェリペミゲルジョージアブエラジルベルト
ジェンナー夫妻 エドウィンキャンディス
グリーン農場 ハーシェルマギーベスオーティスパトリシアジミーアネットジョセフィンショーンアーノルドレイシーダンカン
フィラデルフィア生存者グループ デイヴランダルネイトショーントニー
ミショーンのグループ ミショーンアンドレマイクテリー
刑務所の囚人達 アンドリューアクセルオスカートーマスビッグ・タイニー
ウッドベリー 総督マルチネスシュンパートミルトンカレンヘイリースティーブンス女医ローワンペニーリチャードガルジュリオジャネットマクラウド夫人ジェイコブソンオーウェンエリングレッグエリックフォスター夫人アイリーンノアポールジョディグロリアウォーレンクローリーティム
州兵 ウェルズ中尉ウィルソンブレイディショーンフランクリン
刑務所の新メンバー タイリースサシャアレンベンドナザックパトリックケイレブライアンリジーミカフリオボブベッキールークモリーヘンリーノリスデイビッドチャーリークロエリチャーズ
チャンブラー一家 タラリリーメーガンデイビッド
マルチネスのグループ ピートミッチアリシアロスハワード
フォード一家 エイブラハムエレンA.J.ベッカ
刑務所脱出後の新メンバー ゲイブリエルロジータユージーン
クレイマーズ ジョーダンビリーハーレートニーレンルー
終着駅 メアリーギャレスアレックスマーティングレッグテレサアルバートマイク
グレイディ記念病院 ドーンスティーブンノアラムソンシェパードゴーマンジョーンリカーリフランコマギンリーベロタナカアルバラードオドネルジェフリーズギャビンパーシーハンソン
アレクサンドリア共同体 ディアナエイデンスペンサーレジアーロンエリックピートジェシーロンサムイーニッドトビンニコラスヒースデニーススコットマイキーオリビアフランシーンブルースカーターボブナタリーバーバラエリンケントシェリートミーステイシーアンナデイビッドベッツィーマイケルウィルアニースタージェスバーンズホリーリチャーズカイルノラソコーロアレックスジェンウェインロビンソン夫人シェリルラスルーシージェフリーサマンサボビーシャーリーンディネシュダンエイドリアンパークマヤオハラ
ウルブス オーウェンエドワードエイフィッド
救世主 ニーガンドワイトシェリーティナウェイドキャムサイモンゲイブローマンマイルズジローニールプリモポーラモリーシェルドニージャレッドギャビンローラカンアルデングレイシーアンバーターニャマークジーナポッターホセブルックメルジョンフランキーD.J.リッチーレジーナジェッドノリスアラットジャスティンデュークランスゲイリーレイリーアイヴァンケイティキーノデレクディーンゴメスポーリーデュークジアレオヤゴジョーイガンサールディトッドディーノハックネルソンマーラゴードンロイデヴィッドエメットイザベルジョセフクリスジョージティミーアリスマーカスヨナブランドン
ヒルトップ ジーザスバーティハーランフレディカルエドゥアルドグレゴリークリスタルアンディウェズリークレイグイーサンオスカーマルコアールハーシェルゲージアディロドニータミーキャスパーマーティンマイルスヒルデケンステファニーニールブリアナ
王国 エゼキエルリチャードジェリーベンジャミンダニエルダイアンケビンヘンリーアルヴァロナビラウィリアムジェニーダナカートコルトン
オーシャンサイド ナターニャシンディベアトリスキャシーレイチェル
清掃人 ジェイディスタミエルブリオンファロンウィンスロー
ジョージーのグループ ヒルダミッジジョージー
マグナのグループ マグナルークコニーケリーユミコバーニー
囁く者 リディアアルファアダムベータザイオンラスムスショーンヘレンガンマダンテフランシス
シェルターの生存者 サイラスアマンダラマーフランクローズマティアス
ハイウェイマン アレクオジーアルフレッドマーゴ
ジョスリンのグループ ウィニーP.J.ジーナライナスミッチェルジョスリン
その他の生存者 メキシコ人の一家サムアナクリストファークリストファーの父クラライーストマンセディク
動物 ネリーフレイムバイオレットデュークタバサボタンシヴァドッグ
ウォーカー サマーハンナウェインキャラウェイダグルイーズエリンニックエディビッグ・トニービルジョーカーラデリー
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。