ウォーキング・デッド Wiki
Advertisement
ウォーキング・デッド Wiki
Walkingdead kakikake.png この記事にはあなたの助けが必要だ!
今すぐかけつけて欲しい!!

……そうか、来てくれたのか。
ならばますは、この 編集 ボタンをクリックみてくれ。
もし、どう書き込めばいいのか分からないならば、
見本のページヘルプを見るのも効果的だ。



ワシントンD.C.アレクサンドリア共同体付近にある地区で、ヒーススコットなどが物資調達に訪れていた場所。ユージーンによって避難民キャンプがあると言われていたが、実際にはジョージア州アトランタと同様にウォーカーの溢れる場所となっている。


感染拡大前

ワシントンD.C.はアメリカ合衆国の首都であり、3つの連邦政府機関の中枢や多くの博物館、歴史的建造物のある都市であった。


感染拡大後

ウォーカー災禍が広まり始めると軍は直ちにワシントンD.C.を制圧し、要人のみに避難を命じた。ディアナ・モンローとその家族、アーロンとその恋人のエリックなど、議員や政界関係者は真っ先に市外の安全地帯に避難し、ポーラをはじめとする民間人は街に残って指示を待っていた。

軍隊は持ち場の放棄やウォーカーとの戦いで機能しなくなり、ワシントンD.C.は見捨てられた。

ワシントンD.C.周辺の避難民キャンプは、バージニア州郊外のアレクサンドリアや、バージニア州南部の深い森の中にある歴史的なバリントンハウス(ヒルトップ)などに設けられていた。


シーズン2

希望という幻想

デイヴがワシントンD.C.について「フィラデルフィアから南下する途中に立ち寄ったアトランタの避難民キャンプと同じようなキャンプがあった」と言及している。


シーズン4

危険なよそ者

ユージーンは、ヒューストンから衛星電話で通信していた政府の生き残りがウォーカー化ウイルスを解決するためにワシントンD.C.に行けと言っていたことから、彼らはワシントンD.C.にいるに違いないと言及していた。しかしこのことは後に嘘であることが発覚した。


シーズン5

不審な男

リック達がアレクサンドリアに向かう途中、遠くにワシントンD.C.の街並みが見える。


シーズン9

新たな幕開け

ウォーカー災禍のはじまりから約3年半後、ワシントンD.C.は廃墟と化しており、国会議事堂やワシントン記念塔を含む多くのインフラが大きく損傷していた。アレクサンドリア・ヒルトップ・王国オーシャンサイドのメンバー達は荒廃した博物館から農具などを手に入れるため、ワシントンD.C.に向かった。

Advertisement